美白美容液の正しい使い方 美白美容液ランキング・肌のシミ

美白美容液の正しい使い方

美白美容液の正しい使い方ってご存知でしょうか?

 

美容液を顔の全体に何種類も塗ると、ベタ付き、テカリが出てしまいます。

 

保湿、美白、必要に応じてに分けて、ケアしましょう。

 

シミができる場所は、紫外線が当たりやすい部分と、ある程度決まっているので、美白美容液は、顔の口元、額、鼻、こめかみ、というように、シミができやすい部分に馴染ませましょう。

 

部分に合わせてシミを予防しましょう。

 

化粧水を美白系にするのも効果的です。

 

保湿については、乾燥しやすい、たるみやシワが出やすい、出ている部分に、保湿系美容液を馴染ませ、塗ると良いです。

 

しわが出やすい、ほうれい線、目尻、額、眉間、には特にしわ対策として、美容液を使います。

 

乾燥により、小じわやたるみが出やすい目元や広い頬の部分には保湿美容液を使いましょう。

 

このように、憧れの白い肌を作っていきましょう。

 

また、簡単なマッサージでも効果的です。

 

朝と晩、少しマッサージを行うだけでも、理想的です。

 

時間が無い!という方は、美容液を塗る時に、顔の内側から外側に向かって、なじませながら塗るだけでもマッサージになります。

 

ちなみに、既にできてしまったシミには、美白スキンケアの効果を良くするものに、フルーツ酸があると言われています。

 

これを美白スキンケアと一緒に使うと、良いです。

 

フルーツから抽出されることが多いことからフルーツ酸と呼ばれていますが、グリコール酸や乳酸などのこともいいます。

 

これらを美容液を使う前に使うことで、角質細胞同士の結合をゆるめ、美白成分の浸透を高めます。

 

簡単な事ですので是非実践してみて下さい。